MENU

シミは種類ごとに対策方法が違う

年齢とともに出来るシミ、初めて見つけた時にはちょっとした衝撃を受けますが、その後放置しておくとどんどんとシミが増えたり濃くなったりで化粧で隠すのも難しくなります。

 

そうなる前に、出来るだけ早い段階でシミ対策を取ることがとても大切なのですが、間違った対策をしていると一生懸命している事が全く効果が無いという事もあるので注意です。

 

シミと一言に言いますが、実はシミには何種類もあり専門医に診てもらえれば判断して貰えるので一番良いのは、皮膚科の先生に自分のシミを診せてどのタイプのシミなのかそしてそのシミに対する対策はどれがいいのかを教えてもらう事です。

 

ただ病院に行く時間が無い何とか自分で判断したいという方もいると思うので大まかな判断方法を記載します。

 

一番多いシミは、昔からの日焼けが残りそれがだんだんと濃くなっていくシミである老人性色素班です。

 

段々と濃くなっていくのが特徴で対策としては、今後日焼けをしないように対策しつつ美白化粧品でケアする事です、あまりにも濃くなってしまったシミに関しては医療レーザーなどで消すのが効果的です。

 

あとは、多いシミとしては肝斑です。肝斑は、広い範囲で薄っすらと広がるシミの事で、原因はわかっていません。対策としては、あまり触らず刺激せずに美白の飲み薬で対策します。

 

レーザー治療は肌に刺激があるので避けた方が良いでしょう。

 

そして、一番重要な事は栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活なのです。

 

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、肌は段々と透明感を取り戻してくるので日々の生活がとても大切なのです。

 

その補助として美白化粧品などをうまく活用してシミ対策をしていくことが一番いい方法です。

 

それから手軽に確実なターンオーバーの促進を求めるなら、市販で手に入るL-システインやパントテン酸カルシウム、ビタミンC等の有効成分が配合されたシミの薬がおすすめになります。

 

薬と言っても第3類医薬品の市販薬になりますので、副作用のリスクが低く安心して飲むことができます。

 

実際シミの薬を飲んでいる人と飲んでいない人でしたらシミの改善するスピードが全く違いますので、早くシミを消して今後のシミを作らないようにするにはシミ 薬と美白化粧品等の併用が最もおすすめな方法になります。

更新履歴